07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
<< レコスリーグ 第11節 | top | レコスリーグ 第12節 第13節 >>
【12/23(土)】 練習試合 HIP.SC  レオヴィスタ町田

HIPさんのお誘いで、奈良の丘小学校にて練習試合をしてきました。

前半→2年生、後半→1年生で試合を行ってきました。

 

【大会名】
トレーニングマッチ(2年生)

【日時】

12月23日(土)

【会場】
奈良の丘小学校

【試合方式】
8人制

10分ハーフ×2

15分×2

【対戦チーム】

・HIP

→激しいプレス、力強いドリブル、球際の強さ。そんな特徴のあるHIPさん。

とても良い練習になりますね。

激しくも粘り強いディフェンスをどのように交わしてゴールまで向かうのか。

スピードがなくても、相手との駆け引きを繰り返すことで、ゴールに近づけることができます。それはパスひとつとっても、バレバレのパスじゃ相手の裏をかけません。

観察する習慣をもっとつけていきたいところですね。

ただ、2年生の繋ぎからの崩しは、みんなの呼吸が合ってきた証拠かな。面白い試合を展開してたように感じます。

 

・レオヴィスタ

→初めての対戦。相手のサイドへの展開の速さに、ついていけない場面もありましたが、慣れてきたところから良い形でシュートまでいくこともできました。

決めきりたいとこですね。

ただ、一瞬のプレスの躊躇が相手にチャンスを与えてしまうことを感じてください。

そして、そういったことが起こりうると、感じて動き出すこともしていきましょう。

試合中に少しでもいいんです。相手がどんなことをしてくるだろうと予測できるようになっていこう。

「だから自分はこの位置にいる」、「自分はこうしようと思った」それが考えてサッカーをするスタートになると思います。

ピンチとチャンスを感じてほしいですね。

また、今回はチャンスを感じれていなかった出だしじゃなかったかな?ドリブルした選手がいれば、ボールを持っていない選手は何を感じればよいだろうか。‥世鮗茲襪燭瓩法←特にコレね。)、¬Jが奪われるかもしれない(サポートの位置)、カウンターで失点しないために・・・

今は、この3つを感じて、行動にうつせると、さらに良くなるんではないでしょうか?

頑張っていきましょう。

 

【結果】

。硲稗

2年→前半:1−0

1年→後半:0−0

 

▲譽ヴィスタ

2年→前半:0−0

1年→後半:0−0

 

HIP

2年:7分→2−1

1年:7分→0−1

 

ぅ譽ヴィスタ

2年:7分:0−0

1年:7分:0−0

 

 

| - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | pookmark |